06. DIAPHRAMG

ダイヤフラムバルブ(ダイヤフラム弁)

弾性体の隔膜(ダイヤフラム)が、駆動部により引き上げ、或いは弁座に押し付けられる事でバルブの開閉を行います。
構造上、ダイヤフラムによって駆動部と流体が隔離される為、玉形弁やボール弁等に見られるグランドからの外部への流体の漏れが発生せず、駆動部のグリース等により流体を汚染することもありません。
またダイヤフラムの交換は、本体とボンネットを締結しているボルト・ナットを取外すだけで容易に出来、メンテナンス性に優れています。
弊社では禁油処理品等、特殊な要求に対応した弁も取り扱っております。

仕様

ボディ材質 : JIS, ASTM, ASME各種鋳鋼材 / 炭素鋼, ステンレス鋼
流体 : 水・油等
圧力クラス・呼び径 : Class 150Lb, ~12" / JIS10K, ~300A
接続形式 : フランジ形
操作方法 : 手動操作(手動減速機付きを含む), 電動操作, 空気圧操作

●上記仕様は標準的な範囲です。使用条件や用途に合わせて個別に選定致しますので、流量条件等をご提示下さい。
(ダイヤフラム弁そのものが特殊な用途に使用される事が多く、その用途に応じて仕様は多岐にわたります。)