04. BALL

ボールバルブ(ボール弁)

孔を設けた弁体(ボール)を2枚の弁座で保持し、90度回転移動してバルブの開閉を行います。
弁棒がその場で回転するロータリー式(又はクォーターターン式)構造の為、全開・全閉が容易で、操作性・視認性に優れています。
また、弁内流過部の凹凸が殆ど無く、圧力損失が極めて小さいのが特長で、ボール孔径を弁箱内径より段階的に小さくした
「スタンダードボア」や「レデュースドボア」等、用途に応じて広く使用されています。
弊社では高圧ガス認定弁や禁油処理品等、特殊な要求に対応した弁も取り扱っております。

仕様

ボディ材質 : JIS, ASTM, ASME各種鋳鍛鋼材 / 炭素鋼, ステンレス鋼, 青黄銅系
流体 : 水・蒸気・ガス・油等
圧力クラス・呼び径 : Class 150Lb~2500Lb, ~60" / JIS10K~63K, ~1500A
接続形式 : ソケット溶接形, 突合せ溶接形, ネジ込み形, フランジ形※
操作方法 : 手動操作(手動減速機付きを含む), 電動操作, 空気圧操作

※フランジ形の場合、フランジ規格(ASME, JIS等)当り面形状(レイズドフェイス(RF)・フラットフェイス(FF)等)を御指示ください。

●上記仕様は標準的な範囲です。使用条件や用途に合わせて個別に選定致しますので、
流量条件等をご提示下さい。
一般的なボール弁に加え、トラニオン形ボール弁、Vポートボール弁、偏心形ボール弁、トップエントリー形ボール弁の取扱いもございます。