事業沿革

米田商店は商社として130年以上の厳しい時代を乗り越えて参りました。
お客様や取引先様との信頼関係、弊社内の信頼関係、弊社の社訓である誠意と感謝の気持ちを大切に活動しております。

今後も先人の教えに従い、常に相手方の立場に立ち、考え行動する事を意識して参ります。また、目まぐるしく変化する時代の流れをつかみ、柔軟に変革を遂げる事をお約束致します。

明治13年

9月17日、米田米太郎大阪市難波新地6丁目にて大阪金網店として創立。

明治44年

神戸三宮1丁目にて神戸井上店として分離移転。

昭和11年

3月2日 合名会社神戸井上店に改組、代表社員に米田 安雄 就任。

昭和17年

2月13日 合名会社井上鉄工所と改名、軍事協力工場となる。

昭和20年

8月15日 合名会社神戸井上鉄工所を改組し商事部を米田商店、鉄工部を神戸井上鉄工所と社名変更。

昭和36年

社屋を神戸市生田区より神戸市灘区に移転。

昭和36年

1月1日 米田商店を出資金100万円にて合名会社米田商店に改組、代表社員に米田 司郎 就任。

昭和53年

4月1日 資本金1,000万円に増資。

昭和59年

1月1日 代表社員に米田 正治 就任。

平成7年

1月17日 阪神淡路大震災により本社社屋・倉庫全壊。

平成8年

4月9日 本社社屋・倉庫再建 業務を完全復旧。

平成22年

3月 業務拡大のため倉庫に塗装ブース・塗料保管庫を設置。

平成22年

12月 設立50年 創立130年。

平成25年

4月2日 株式会社米田商店と改組。

平成26年

4月2日 米田安彦 代表取締役に就任。

平成27年

12月15日 東京オフィス開設。